医者

まさかの緑内障には御用心|ピンチを乗り切ろう

視界の浮遊物

目

大半は問題ない

飛蚊症とは視界に黒や白の点、もしくは糸状の浮遊物が見える症状のことです。浮遊物は眼を動かしても、ずっとついてきます。また、浮遊物は明るい風景、例えば青空や白い壁を見た時に感じる傾向にあります。大半の飛蚊症は、生理的飛蚊症と呼ばれるものです。紫外線を受ける等すると、眼の大部分を占める硝子体の中に活性酸素が発生して硝子体が濁ってしまいます。この濁りが網膜に投影されて、浮遊物が見えるようになってしまうのです。生理的飛蚊症の治療法は確立されておらず、よって、眼科を受診しても治療を施されることはないのが実情です。但し、人体に悪影響を及ぼすことはないので、問題はないのです。ただ、網膜剥離等に発展する病的な飛蚊症もありますし、他の眼の病気であることも考えられますから、違和感を感じるようでしたら、眼科を受診するべきです。

万病予防と美容効果

治療法が確立されていない生理的飛蚊症は、自分で対策を講じる他ないということになります。もっとも、浮遊物の存在は通常、次第に気にならなくなるものです。しかし、対策を講じた方が良いのは当然ですし、健康意識が高い人は対策を講じています。前述したとおり、原因は活性酸素の存在です。活性酸素は免疫機能が正常であれば、すぐに分解されることになります。ということは、生理的飛蚊症の発症は免疫機能の異常、つまり免疫力の低下を意味していますから、対策を講じるべきなのです。具体的には生活習慣を改善し、健康的な日々を送ることが対策となります。免疫力の低下は様々な病気を発症させる原因となりますから、生理的飛蚊症対策は万病予防になります。また、活性酸素の存在は老化を進行させますので、美容効果も期待できます。