薬物治療が主流です|まさかの緑内障には御用心|ピンチを乗り切ろう
医者

まさかの緑内障には御用心|ピンチを乗り切ろう

薬物治療が主流です

病院

眼も定期検査を

黄斑は網膜の中にある直径1.5ミリほどの小さなものです。この小さな黄斑に見ているところからの光が当たります。光は電気信号にかえて脳に送られることでものが見えます。ですのでこの黄斑に障害が発生すると視力が著しく落ちてしまいます。黄斑に障害が起きる病気を黄斑変性症と呼びます。加齢とともに発症率も高くなります。黄斑変性症の症状は、視力の低下だけではなく視野の中心が歪んで見えたり、黒っぽく見えたりします。このような症状があればすぐに気が付くだろうと思われがちですが、実は初期のうちは症状に気が付かない人も多いのです。片方の眼に異常があっても正常な眼がカバーしてしまうからです。眼も定期検査が必要です。大阪の眼科では、人間ドックと同じように眼科ドックを行っているところもあります。

治療後も定期検査が必要

黄斑変性症には滲出型と委縮型があり、日本人は滲出型を発症する人が多い傾向にあります。委縮型は今のところ治療が難しいと言われていますが、滲出型黄斑変性症は治療法がいくつかあり視力の回復が期待できるものもあります。滲出型黄斑変性症の治療には、ひと昔前では大阪でも手術が主流でした。しかし今は薬物治療が効果をあげていますので手術はほとんど行われていません。抗VEGF治療が一般的になりました。大阪の病院でもこの治療法が多く採用されています。切開などはなく眼に薬物注射をするだけです。月に1度程度のペースで3回から4回注射をします。健康保険が適用される治療法です。抗VEGF治療後も定期検査が必要になります。再発をする可能性もありますから、必ず定期検査をうけましょう。大阪で通院可能な範囲で病院を探すと良いでしょう。