看護師

まさかの緑内障には御用心|ピンチを乗り切ろう

視界の浮遊物

目

大半の飛蚊症は生理的飛蚊症と呼ばれるもので、治療法はありませんが、人体に悪影響はないとされています。但し、自ら対策を講じることは必要です。原因は活性酵素の存在であり、免疫力の低下が活性酵素を存在させてしまっているので、免疫力のアップが対策となります。それは万病予防にもなり、美容効果もあります。

More...

かかりつけ眼科を探す

病棟

大阪には様々な眼科があります。40代以降になると緑内障を発症する確率が高くなるため、眼底検査を受けておくと安心です。もし、緑内障を発症しているのであれば、その治療に長けている眼科を探します。口コミを参考にするといいかもしれません。

More...

薬物治療が主流です

病院

黄斑変性症とは、網膜の中にある小さな黄斑に障害が発生する病気です。視力の低下やものが歪んで見えたりする進行性の病気です。滲出型と委縮型があり滲出型の場合は治療により視力の回復も期待できます。大阪の病院では抗VEGF治療が一般的です。

More...

失明しないために

医者

人間には、歳をとるとなりやすい病気がたくさんあります。例えば、腰部脊柱管狭窄症や骨粗鬆症、また緑内障や白内障は高齢者ほどなりやすい代表的な病気と言えます。これらの病気の中でも、特に注意しないといけない病気として緑内障が挙げられます。なぜならば、緑内障が進行してしまうと失明に陥るケースがあるからです。緑内障が発生する原因は、眼圧の上昇と言われており、眼圧とは眼球の内部を満たしている房水の量に左右されます。要するに、眼球内の房水が何らかの原因によって増加することで眼圧が上がってしまうのです。眼圧が上昇すると、網膜にある視神経が侵されて視野が狭くなって行き、やがて失明してしまうことになるのです。

緑内障で失明しないために私たちができることと言えば、眼の定期検査を受けることです。そして緑内障は、比較的簡単な検査で発見できることを知っておきましょう。緑内障を発見する検査には、眼圧検査や眼底検査、そして視野検査等があり、人間ドックや眼科健診を受けることで実施してもらえます。ですから、40歳を過ぎた頃から少なくとも年に1度は緑内障の検査を受けることをおすすめします。また、視野の一部が欠けて見えたり、視野が狭くなってきたと感じるのであれば、早めに眼科を受診した方が良いでしょう。緑内障は、治療によって失った視野を回復させることは残念ながらできません。しかし、進行を止めて失明を予防することはできるのです。ピンチを乗り切りましょう。